書籍

「非腫瘍性疾患病理アトラス 肺」が執筆されました。

梶本雄介 助教、寺崎泰弘 准教授が分担執筆されました書籍が出版されました。 「非腫瘍性疾患病理アトラス 肺」  蛇澤晶・熊坂利夫 編著 B5変型判 448頁 定価 (本体 18,000円 + 税) ISBN 978-4-8306-0486-7 2022年4月11日発行
受賞

飛田悠太朗先生・中野優治先生が大学院研究賞を受賞されました!

   大学院生の飛田悠太朗先生(眼科)・中野優治先生(眼科)が、大学院研究賞を受賞されました!おめでとうございます! 飛田先生コメント  この度、無事大学院卒業と大学院研究賞を受賞することができ、大変光栄に思います。  高橋教授、清水教授をはじめ、眼科学・解析人体病理教室の先生方・スタッフの皆様の熱心なご指導のおかげと深く感謝しております。  臨床業務と同時に研究を行うため、時間が限られ非常に険しい道のりでしたが、病理学教室の皆様に大いにお助けいただき、無事学位論文「Peroxisome Proliferator-Activated Receptor Beta/Delta Agonist Suppresses Inflammation and Promotes Neovascularization」をInternational Journal of Molecular Sciencesに投稿することができました。非常に多忙の中でもいつも丁寧かつ早急にご指導とご相談をいただいた有馬先生にこの場を借りて御礼申し上げます。  大学院卒業後も後輩の指導のため、大...
論文

学部4年生 井上太一君のCase reportがアクセプトされました!

 日本医科大学医学部4年の井上太一と申します。  この度3年次より続けておりました研究が、A case of pathologically confirmed streptococcal infection-related IgA vasculitis with associated glomerulonephritis and leukocytoclastic cutaneous vasculitisにて論文採択と形になりましたので、誠に僭越ながら書き記させて頂きます。  コロナ禍、同級生の多くが研究配属を諦めなければならない状況のなかで、私は解析人体病理学教室で研究させて頂くことができました。第3学年より、研究テーマであるIgA血管炎の腎・皮膚組織の観察を開始し、症例から得た臨床病態を統合して、最終的に自分の気づきや伝えたいことを症例報告としてまとめました。ここに至るまでにはたくさんの時間と労力が必要であることを痛感し、また決して自分ひとりの力ではなく、竹内和博先生、清水章先生をはじめとする先生方や技術員さんの多大なご指導、ご協力があったおかげで成し遂げることができました。2年...
外科病理

高熊 将一朗先生 病理専門医・細胞診専門医合格 おめでとうございます!

新しい病理専門医が生まれました