日本医科大学 解析人体病理学教室 へようこそ!

解析人体病理学教室は創設以来、高い形態学のスキルをベースにした正確な診断を軸に診断学、研究をおこなっています。

国内外の様々な大学、研究機関との共同研究、海外医療機関への技術教育など、国際社会や地域のコミュニティへ貢献しています。

ご挨拶

病理学は、主に視覚的基盤から、病気の本態を理解し、病気の診断を確定する、医学にとってとても重要な学問です。臨床診療や病理診断の現場を重視して、実際に観察することから病気の本態や発症・進展機序を解明し理解することをめざしています。実際に目に見える現象を組み立てて、動きのある病態を明らかにすることが重要です。

解析人体病理学では、研究病理学と診断病理学を融合した臨床に役立つ基礎研究や臨床研究を進めています。臨床医療や病理診断をしながら生涯にわたり研究を続けて行くことができる臨床医、病理医、研究者の育成をめざしています。

清水 章 主任教授

研究内容

Topics

 

池袋東陽先生のDisulfiramの論文がInternational Journal of Molecular Scicnecesにpublishされました !
Kidney International誌に遠田先生らの論文が掲載、表紙に選ばれました!!
Atlas of Gynecologic Surgical Pathology 4th editionに寺崎美佳先生の論文が引用されました
学部5年生 井上太一君の論文がClinical and Experimental Nephrologyにアクセプトされました!
遠田悦子先生らの論文がKidney International誌にアクセプトされました!!
第4回日本メディカルAI学会にて 寺崎美佳先生らの演題「内膜細胞診病理診断サポートモデルの開発」が 優秀ポスター演題賞 に選ばれました!
「非腫瘍性疾患病理アトラス 肺」が執筆されました。
学部4年生 新井寛さんの論文がアクセプトされ、さらに雑誌の表紙に選出されました!!!
飛田悠太朗先生・中野優治先生が大学院研究賞を受賞されました!
学部4年生 井上太一君のCase reportがアクセプトされました!
日本医科大学 解析人体病理学