遠田悦子先生らの論文がKidney International誌にアクセプトされました!!

遠田先生らが長年研究されているケモカイン受容体会合分子FROUNTの阻害剤であるジスルフィラムが、抗GBM糸球体腎炎を強力に抑制することが遠田先生、澤田先生、竹内先生らのラットを用いた研究により明らかとなり、その機序を解明した論文が腎臓分野のトップジャーナルであるKidney International誌(IF=18.998/2021年)にアクセプトされました!